労働保険事務組合&特別加入

特別加入のメリット

通常は「中小事業主」、「法人の役員」、「家族従事者」等は労災保険の対象者にはなりません。

しかし、労働保険事務組合に加入することによって、中小事業主等でも労災保険に加入することができるようになります。

中小企業の経営者様及び一人親方様へ、当事務所が提携している労働保険事務組合をご紹介します。社長も役員も労災保険に加入できれば、一安心となります。

 

 

労災保険に特別加入していると?

業務上の事由で被災した場合、労災保険から以下のような様々な給付を受けることができます。

・療養(補償)給付  ・休業(補償)給付  ・障害(補償)給付  ・傷病(補償)給付
・遺族(補償)給付  ・葬祭料(給付)   ・介護(補償)給付

 

特別加入(事務組合へ委託)の3つのメリット

労働保険事務組合に委託することで下記のような3つのメリットを受けられます。

1.役員の特別加入
▶労災保険に加入することができない役員や家族従事者も、特別加入制度により、労災保険に加入ができます。

 

2.概算保険料の延納(分割納付)
▶労働保険料の額にかかわらず、3回に分割納付ができます。

 

3.アノテコが全面的にバックアップします
▶労働保険事務組合のサービスはピンキリです。
運良くピンに当たれば良いですが、キリの組合に加入して散々な目にあうケースもよくあります。
弊所のおすすめする労働保険事務組合に加入頂くと、割引価格でかつ、きめ細かいサポートにも対応させて頂きます。

 

特別加入が可能な中小事業主とは

1.加入ができる会社の規模は下記の通りとなります。

 

2.特別加入保険料算定基礎額表

 

労災保険料の額の計算方法

労災保険料の額は、労働者に支払う賃金の総額に労災保険料を乗じて得た額と特別加入保険料※の合計となります。

※特別加入保険料=保険料算定基礎額×労災保険率

 

 

加入可能な事業所の所在地について

加入が可能な会社の所在地は、下記の都道府県となります。

 

事業所の所在地

 

東京都 、 神奈川、 千葉 、埼玉、 山梨

 

© 2021 社会保険労務士法人 アノテコ Powered by AFFINGER5